ぷろじぇくと、みすじら。

Filtered by Tag: Browser

Microsoft Edge on iOS Previewがきた

Created at: | Tag: Browser Edge

どのぐらいの人が待っていたのかわかりませんが(少なくとも自分は待っていた)、Microsoft Edgeのモバイル版が発表されました。今までEdgeを利用していてもGoogle Chromeのようにモバイルで同期できないのが不便でしたがこれで解消されるとうれしいですね。

プレビューテストの登録をしていたら利用できるようになったという通知がTestFlightに来たので試してみました。

レンダリングエンジン

なおレンダリングエンジンはEdgeHTMLを移植したわけではないと解説されています。安心なのか面白くないのか何とも言えないところですね。

プレビュー版(2017/10/06、v2.5)でできること & できないこと

使ってみた感じ

プレビュー版ということで粗削りだったりモッサリなところも多いのですがPCと同期できるようになったのはいいですね。今までできなかったことができるようになるということだけでもよい話なので今後に期待です。

まあ逆に言えばGoogle Chrome for iOSと同様に、同期する必要性が薄いならSafariでいいとも言えます。

スクリーンショット

ペタペタ貼っておきます。

新しいタブを開いたところ。Windows 10と同様によくアクセスするサイト、アドレス&検索ボックス、ニュースフィードが表示される。

アドレスバーの横のマイナスっぽいアイコンを押すとQRコードの読み取り、写真を撮って画像検索、写真を選択して画像検索が可能。

現在開いているタブの一覧ページ(フッターボタンの右から2番目のタブっぽいアイコンで開く)。

履歴が同期されるのでWindows 10側で開いたことのあるページが候補として出てくるっぽい。

画面端からスワイプで戻る。

フッターボタンの真ん中のアイコンをタップでPC(Windows 10 Fall Creators Update以降)に送る、Hand Off的なやつ。ここで端末を選択するとそっちのEdgeで開かれます。

右下のその他機能のメニュー。共有はここに突っ込まれています。

お気に入り同期。よくよく考えたらお気に入りほとんど使ってないのでほとんど入ってなかった…。

設定ページです。

プライバシー設定ページ。

検索エンジンの設定ではGoogleも選べるので安心です。

Browser Platform Status Trackerを.NET Core 2.0に更新した

Created at: | Tag: C# .NET ASP.NET Browser

3年ぐらい前からWebブラウザのプラットフォーム機能の開発状況が公開されるようになり、その更新を追いかけて変更内容を一覧するサイトBrowser Platform Status Trackerを公開しています。

最近までASP.NET MVC 5と.NET 4.6で動作していたのですが.NET Coreの機運の高まりを感じたので、.NET Core 2.0 + ASP.NET MVC Core 2.0に移行しました。といっても2か月ぐらい前に一度.NET Core 1.1にして、その後.NET Core 2.0にという感じです。まあそもそもサイトの性質的には動的じゃなくてもいい説もありますがそこは気にせず…。

.NET Core 1.1 + ASP.NET MVC Core化のタイミングで折角なのでHTTPSを有効にして、ドメインもAzureのApp Service(azurewebsites.net)だったので platformstatus.io というドメインへも変更しています。

サイト自体はコンパクトなのでASP.NET Coreへの移行は大した苦労はなかったのですが、やはりRazorテンプレートにヘルパーがなくなった所に関しては既存のASP.NET MVCのアプリを移行する際のハードルになると感じました。数が少ない場合には頑張ってPartialにすればよいのですが、ヘビーに使っている場合には使い勝手も違うので移行不能に近い状態になりそうです。

気づいたこととか