mdumpfs

description

pdumpfsのWindows版のようなもので、ハードディスクへのバックアップに利用できます。

指定されたディレクトリのスナップショットを 年\月\日 というディレクトリに保存します。そして前回(過去31日以内)のスナップショットが存在する場合比較し更新されたファイルをコピーします。

更新されていないファイルは前回のスナップショットのファイルへのハードリンクとして保存され、バックアップファイルによってディスクを圧迫されるのを抑えることが出来ます。

note: ハードリンク

ハードリンクはあるファイルの実体に対する名前のようなもので普通は一つのファイルに対し一つだけですがUNIX系OSのファイルシステムやNTFSなどでは複数つけることが出来ます。

mdumpfsの動作の多少はわかりやすいかもしれない説明

requirement

9xシリーズ、2000以前のWindows NTでは絶対に動作しません。

screenshot

GUI版(beta) [mdumpfs-gui-0.1]

installation

アーカイブ内の mdumpfs.exe を適当に配置してください。必要があればパスの通ったところに置くほうがよいかもしれません。

usage

引数に "スナップショットを取るディレクトリ" と "スナップショットを保存するディレクトリ" を指定するだけです。

D:\>mdumpfs D:\src\ E:\backup\

この例を2003年8月27日に実行した場合 E:\backup\2003\08\27\src へ保存されることになります。

option

mdumpfs コピー元ディレクトリ コピー先ディレクトリ [-v [0-5]|-s] [-re regex]
コマンドラインオプション:
-v [0-5]      コピー又はハードリンクしたファイルを表示する。
        0: 出力しない(-sと同じ)。
        1: 走査したディレクトリ名のみ表示。
        2: 1 に加えファイルを「.(ドット)」で表示する。
        3: ファイル名を表示する。
        4: 更新されたファイルのみ表示する。
        5: 全ての情報を表示する。
-s            標準出力へ結果を出力をしない。
-re <regex>   正規表現にマッチするディレクトリ/ファイルを対象外にする。

tips

schtasksコマンドでタスクスケジュールを作成する例(毎日03:00に D:\Documents and Settings を C:\backup にコピー、その際SYSTEM権限で動作させる)
schtasks /create /TN "mdumpfs - daily backup" /SC DAILY /ST 03:00:00 /RU SYSTEM /TR "D:\temp\mdumpfs\mdumpfs.exe \"D:\Documents and Settings\" C:\backup"
もしかしたらうまく動かないかも……まぁ、schtasksというコマンドがXPにはありますよ、ということで。
その他
考え方はpdumpfsと同じなのでそっちを参考にしてもらったほうがいいかもしれません。
(SSHとか)ネットワークを介してのバックアップはできません。

download

mdumpfs-0.5.zip
mdumpfs-0.5.zip
8,639 bytes
af00c74aa8bf5c59e4c4ab4cd89c4c24 *mdumpfs-0.5.zip
mdumpfs-gui-0.1.zip (GUI版)
mdumpfs-gui-0.1.zip
37,729 bytes
MD5 (mdumpfs-gui-0.1.zip) = 3f8aa4b96df6c83b2337c9e3baa1ac1e

thanks

元になったpdumpfsの作者、高林 哲さんに感謝いたします。

現在のpdumpfsはWindows用のGUI版が用意されているのでそちらを使うのもいいかもしれません。